仏拝んで魂入れず

仏像好き。 歴史にも美術にも信仰にも興味なし。 ただ拝観するだけなのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

興福寺国宝館が来年中休館

あと半月で来年だというのに、
今、知りました。
それもこれも興福寺友の会とやらに入ってるお陰か。
工事休館のお知らせというのが届きました。
1月1日から12月31日まで、まさに1年間の休館です。

仮金堂で阿修羅さん他、主要な国宝の特別開扉
というのがあるようですが、詳細はまだ未定だとか。
3月15日~6月18日と9月15日~11月19日の
2回を予定しているようです。
けどまだ決定ではない、と。

それなら友の会は継続かなあ。
興福寺は卓上カレンダー付きです。

ちなみに、東大寺、法隆寺も友の会があります。
どこも会費は3000円。来年度も同じかは知りませんが。

法隆寺も拝観料が1500円になりましたから、
2回分ですね。
どこも4月からです。いつ入会しても翌年3月までです。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/15(木) 17:14:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここは絶対にまた行きたい


9月、青春18きっぷの期限切れ寸前という頃に
ず~~っと前からいっぺん行ってみたかったお寺に
行ってきました。
ついでに善光寺にも。

国宝の八角三重塔。
これを一度は見ておきたい。
興福寺の南円堂の上に北円堂乗せた感じ?
おっ、わりと近くに国宝の三重塔がも一つ
あるではないか。

ということで、2泊3日の信州旅行。
18切符で行くと朝に出れば夕べに着くのは可なり。
一日目はひたすら電車に揺られて大阪から上田へ。
翌日、バスに乗って着いたのがここ。

大法寺1

見返りの塔という別名があるそうな。
なんせ国宝ですからね。
仏像さんの方は予約がいるそうで、
もちろんそんなことはしておりません。
私、そういうことがどうも嫌いらしい。
食いもん屋を並んで待つというのが
嫌いというのと同じか。
並んだ途端まずくなる気がするんやなあ。

大法寺2

大きなお寺ではありません。
そらまあ、実はものすごい広大な土地が
あるかもしれんけど、本堂と三重塔と
も一つなんか建物あったかな?
小じんまりしたお寺でした。

大法寺3

見る人が見ればなるほど、さすが国宝!
という感じなんでしょう。
一人で行くというのが弱点かもしれん。
この写真、すごくわかりにくいですけど
よ~~く見るとハチの巣が写ってます。
でかいやつ。法隆寺近くの吉田寺の
多宝塔にもおなじようにありました。
お寺としてはできてしもたらもうしょうがない
てな感じでしょうか。あんなとこにあっても
人に害はなさそうやし。

大法寺4

初めてのお寺。
行きはお寺探してるから気付く
ことがなかったリンゴ畑です。
これは手が届きそうだったけど、
リンゴのついでにお縄も頂戴しそうなので
やめておきました。

地図の上では近かったのに。
歩くとやっぱり1時間以上かかる
約5キロの道のり。
途中、車に乗ってたおばちゃんに道聞かれる。
駅のロッカーに大きな荷物は置いてきたので
近所のおっさんに見えましたか?
そうそう、上田駅のロッカーを利用する人は
JRはやめときなはれや。400円やて。
別所温泉へ行く上田電鉄がJRの改札出て
すぐのところにあって、そこのコインロッカーは
300円でした。

目的の安楽寺の手前に常楽寺というお寺が
ありました。

大法寺5

なんのコスプレなんだか、半裸の男やら着衣のおねえさん
(これは当然ですが)、どうもこのあたりのガイドさんらしい。
一人のおばさんに3人やったかな、六文銭ののぼり持った酔狂な
若者たち。ここで会うたら、その後安楽寺でも会い、
駅からの電車も同じでした。上田ではこんなん流行ってるのか。
真田丸に乗っかってるようです。
注:(半裸じゃないな、素肌にチョッキみたいなの着てたかな)

これは不気味でした。二つあった片方のイス。

安楽寺1

写真はまだおだやか。
実物見た時、ひいい~~って声出てしまいました。
♪わたし東京マタンゴ娘~~
気楽な歌がありましたが、実物のマタンゴは…映画ですけどね・・
子どもの私はおばに連れられ見に行って、夜な夜なマタンゴが来る
マタンゴが来ると泣いたそうな。私が5歳だった頃。
東京五輪以前ですね。力道山が亡くなった年といえば
ピンときませんか。そうですか。

この死んだブログを再開したのはこのお寺に行ったから。
安楽寺。
昔見た写真とこれほどギャップがあった実物も珍しい。
お寺写真は、ことに仏像は写真の方が良かったかもと
思うことが多々あります。光の加減でしょう、
こんな遠くからこんな暗い光で見てもなあ・・・・
ちょっとがっかり。それで長い間観心寺の如意輪さんの
とこに行けへんかったんです。
数年後に行ってみたらライトに照らされて眩しそうにして
はりました。6本も手があるのに光を遮ることなくポーズ
とってくれてはりました。ありがたや。
というても距離は遠いけど。

そうそう、思い出したこと全部発表する必要もないけど、
法隆寺の五重塔の塑像を目当てに行く人は、
金網のせいで見られへんこと請け合いですが、双眼鏡を使いなさい!
焦点を塑像に当てればあら不思議。
金網通り越して泣いてるお弟(子)っさんやら阿修羅さんまで、
くっきり見ることができます。
双眼鏡は必携ですね、お寺行く時はね。

さて、入山料だか拝観料だかを払っていよいよ安楽寺
八角三重塔へ。
山の中(大して歩きません)、見上げれば見える八角三重塔。

安楽寺2

三重?四重に見えるけどなどと無粋なことは言わない。
私、ここでもひい~~~って声出してしまいました。
なんと美しい。

安楽寺3

言うときますけど、これ、一眼さんでもなければ高価なやつでもない。
防水のカメラ、たぶん2万円ほどの。
ですから、この写真の30倍ほどきれいです、実物は。

見上げる塔こそ塔であると言うたのは
亀井勝一郎だったか白洲正子だったか、
あるいは土門拳・・・ああ、私でした。思い出した、
自分で今、思いついたんや。
実際、この塔、上からも見ることは可能なんですけど
下から見るのが一番よろしい。
私が見た写真はよくある塔からちょっと離れた
ところから撮った、なんてことのない写真でした。

安楽寺4

こんな感じ。これは全体をお見せしたいというより、
後ろにお墓がありますという写真です。
八角三重塔がお墓の王様みたいでいとよろし。

ありもしない後ろ髪(前髪もない)をひかれる
思いで塔から離れました。

安楽寺5

行きと帰りで写真に違いが出るほどの腕もないけど、
何度も何度も見返したのでした。
そういえば最初の方は全然振り向くこともなかったな。

上田市は一年限りのドラマに頼るより、
この2基の国宝を広めた方が良いと思うぞ。
特に安楽寺は温泉のすぐ横やし。

余は満足じゃという気分で上田から
松本に移動しましたとさ。

  1. 2016/10/02(日) 20:57:23|
  2. 仏さんあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと書いてみる

長い休みでした。ああしんどかった。
休みの間の巡礼はやっと全部回って、大先達とやらになりました。

P9200001_convert_20160927120023.jpg

赤いのが先達になっていただいた方。
1万円払ってもいただくと言う方がいいんでしょう。
間違っても「銭出して買うた」と言うてはいけない気がする。

3べん回って大先達になると、この金に輝く納経帳を
いただくことができます。1万円也。やっすい入れ物で
届きました。ありがたみを一切排除してるよね。
もちろん間違っても銭出して買うたとは言わない。

このあと5回回ると特任先達です。
その時は3万円、さすがに銭出したったという気になるかもな。
最終的には特任大先達、30万円。
先達の沙汰も金次第とか言うな。

特任大先達に来るまでに
1万円×3、3万円×4で15万円のお支払いになるんです。
最後の難所の手前でとどまる人続出でしょうね。

年に一度の研修会、毎年9月にやるようです。
去年は行きましたが今年はパス。
質問コーナーがなくなりました。
それと先達何人という報告もなくなったかな?

どこかの偉い人のお話と、景品がもらえるコーナー、
特任大先達になった人を紹介して、
エビいっぱいのお弁当食べて解散。
参加費7000円。パスやな、7000円は高いわ。

この死んだブログ、先達で検索して覗きに来る方が
多いのです。
大した情報はありません。ごめんなさい。
先達会のサイトを見ていただいた方が
情報を得られるでしょう。

今年から各所で御開帳やら寺宝の公開が始まってます。
5年続くそうですから、スケジュールを見て
参拝してください。
先日行った松尾寺、今年はむしろ参拝者が少ないと
おっしゃってました。

西国33所で“スイーツ巡礼”とかいうような企画しても
そんなもん目当てにわざわざ行かんとは思うけどな。
何したら当たるかは私なんかにはわかりません。
四国とは差がつく一方やな。
西国派としてはちょっと悔しい、あはは。


  1. 2016/09/27(火) 12:39:42|
  2. 西国三十三所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっさんを自覚したのは

能年霊奈(この字で合うてますかね?)ちゃんが
主演の映画〝ホットロード”。
見に行ってはおりませんけど、懐かしい響きです。

私がマンガ雑誌を買って読んでいたのは20~23歳ぐらいで、
別冊マーガレットとLaLaの2冊。
大島弓子、高口里純がお気に入りでした。
別マの方は伊賀野カバ丸・・・
男性向けの少年誌、青年誌は拾い読みだ。
これは文字通り、駅のマガジンラック(一般にはゴミ箱)から
拾い上げて読む。
読んだら電車の棚に置いてリサイクル。
当時はマンガ、週刊誌、新聞は拾い放題で、
電車賃よりはるかに元が取れるぐらいありました。
バブルよりずっと前。

電車に乗ればマンガが読めるのは23を過ぎても
代わりはなかったけど、女性誌は落ちてない。
私は職が変わり(ほぼ無職)、LaLaや別マは買えなくなった。

数年後、たまたま別マを道かどっかで拾い、
おお、久しぶりと読んでみた。
多田かおるはまだいるじゃないか、てなこと思いながら。
それから数カ月後、また拾った。
そこで、おや、このマンガはと気になる単発で掲載されてる
ものが一つ。
この人のは確かこの前に拾った時にもあったはず・・・
単行本は3冊出てる。これは買わなければと、
本屋、古本屋を探し回った。
次に探し回ったのは「修羅の門」で、
我ながら紡木たくと格闘もんの同居って
ちょっと呆れる。

やさしい手をもってる
あの夏が海にいる
机をステージに

この後に出るホットロードが86年1月から
連載開始だそうで、そうすると27歳かな、
この3冊を読んだのは。

どれもこれもなんだかちょっと
ひりひりする、危うい感じで
これは描いてる人、けっこうきついんじゃないか
(精神的に、です)、大丈夫かなあと
会うたこともない、会うこともない人のことを
思ったりしたもんでした。

で、ホットロードの連載が始まる。
別マを買ったか立ち読みをしたかは記憶にない。
単行本は買うたけど、
読むのは途中で挫折した・・・・

これが少女マンガなら、もうおっさんの
自分には無理だ。
瀬戸内海ちゃんやちび猫なら理解できたが
(ほんまかいな)この二人は完全に自分とは
違うとこにいてる。
カニ食って食当たりしたシーンがあったと思うけど、
そのへんで挫折、少女マンガともお別れ。
結局紡木たくという人に対して、私の手にはおえんと
諦めたんやろなあ。

数年後、瞬きもせずがセットで古本屋にあった。
買って読んだが今となっては何一つ記憶にない。

とにかくもう学校や家には帰りたくない

と、氣志團が歌ったワンナイトカーニバルが
尾崎の歌詞であることはすぐわかった。
この歌には瞬きもせずという歌詞もある。

理解できんのも無理もないと思われるだろうけど、
私には紡木たくと尾崎がまったく繋がってなかった。

私が尾崎を意識したのはそれよりずっと後、
年末にテレビでやってた尾崎のインタビューの番組だった。
愕然。
たまたまザッピングしてた時に映った尾崎は、
明らかにおクスリが効いていたんだ。
え、これってラリッてるやん!
もう画面に釘付けですよ。完全にイッちゃってる目の人が
なんかしゃべってる、しかも顔も名前も知ってる人だ。
こりゃもう、学校や家どころか
社会のどこにも帰れなくなる人ではないか。

それから一通り、CDやら本やらで尾崎を知ったけど、
そこから紡木たくへは当然のことながら繋がらなかった。

「どうも自分は尾崎の生まれ変わりみたいやなあ」
「ちどりさん、尾崎より年下じゃないですか!」

いやいや、ツッコむのはそこじゃなくて
生まれ変わりて!でしょ。
それが信じられるなら、なんでもありだ。
時間が逆になるなんて、
別にどうってことはないわいな。

尾崎で思いついたのはこれぐらいだったなあ。
尾崎的なものへの興味は今もあるけど、
・・・なんであんなもんに人は心奪われる・・・
紡木たくとは全然違うような気がする、今でも。
それを理解できないというのが
残念ではあるなあ。
尾崎は別にいいけどさ。

映画のホットロードを見に行くことはないけど、
苦手な能年玲奈が主演というのは、
なんとなく苦手繋がりかなあ。

兄ちゃんの方、春山か、さすがに年行きすぎてる。
中高生には見えんがな。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2014/09/02(火) 14:56:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱いから見ないんです

今年に入ってもお寺には行ってるんですが、
写真が・・・・
正確にはカメラについてるソフト、画像を放り込むための、
それが壊れてしもて、画像が全部パーに
死語ですね、パーになるなんてのは。
前回の西国以降の分がなくなってしもて、
あまりのショックにワールドカップも
やる気半減でございました。
結果は4位・・・どこの国のもんや、わし。

それとは逆に、やる気満々の連中が
いっぱいいるのが夏の高校野球。
先日、ローズ球場とかいう怪しげな
球場を通りかかったら、
試合終わりの高校球児、
お外で着替えておりました。
男子高校生がパンツ丸見えでね。
ちゃんとしたロッカールームがないのか、
それとも見せたがりなのかはわからんけど、
男子といえども下着姿は狙われるぞ。

さて、先日の新聞に、大阪の出場校の
メンバーがずら~っと載ってたんですが、
当然と言えば当然なんでしょうけど、
登録メンバーの数が少ない高校が
けっこうあるんですね。
数校の寄せ集めなんてのも。
野球が好きで入部しても人数が足りなくて
試合ができないんじゃ、3年間野球ではなく
野球の練習をするクラブ活動になってしまう。

9人ちょうど、という学校が何校かあり、
その中で大阪市立咲くやこの花高校いうのが
目に止まりました。
なるほど、2008年にできたそうで、
私が知らんかっても無理はない。
高校受験の予定ないもん。
で、この学校の対戦校が関西創価。
春のセンバツに出たことがある強豪校。
当然登録部員はベンチ入りできる数を
越えてるでしょう。
これはいうたらなんやけど
大人と子どもぐらいの差があるかな、と。
日本とコロンビアぐらいの差は
まああるよね。

結果は15-1、5回コールド。
5回表に咲くやこの花に初ヒットが出て
タイムリーで1点返したんだそうな。
下手したらノーヒットノーランのコールドの
可能性もあったんやなあ。
私が咲くやの応援席にいてたら、
ヒットが出たところで涙ぐみ、
タイムリーで号泣してたかも。
おさげ髪揺らして号泣ですよ、きっと。
自ら女子高生になる妄想は
さすがにいかん気もするけど。

でね、関西創価、ひどいなあと思うのは
この試合の出場選手の数が16人やて。
5回で終わってるのに16人。
勝ってる方がですよ。
負けた方は9人しかいないので
交代できない。
慣れさせるために出したんでしょうけどね、
5回で7人も交代させたわけだ。
いやあ、セミプロ?の高校の監督、
次のことを考えて目の前の学校には
なんの興味もない・・・感じ。

私の知り合いに、野球好きなんですが
野球のワールドカップ版?
WBCの試合には興味ないというのがいて、
なんでって聞いたら、選手が寄せ集めなので
チームとしてはレベルが下がるでしょ、
上手い野球が見たいんです、と言うん。

それやったら高校野球なんか見てられへんよなあ。

と私が言うたら、
「あ!そうですね、高校野球は見てられる」

不思議そうに言うてましたが、
なんの不思議なことがあろう、
上手い下手だけで見てるわけではないんだ。

ワールドカップだって寄せ集めですから、
ヨーロッパのクラブチームの方が面白い試合する
なんて言われたりします。
けど、ワールドカップほど世界中の熱狂を集めることはない。
日本代表にしか興味がないのは
サッカー好きではなく世界と闘う日本代表が好きなだけ、
さんまちゃんはそう言いましたが、
たいていはそんなもんだとわからんのかなあ。
自分であんな、日本代表のどうでもいいような
ビデオばっかり流す番組の司会してて
何がほんとのサッカーファンだか。
あ、趣旨が変わっちゃいましたね。

で、私は高校野球、よっぽど見るものがない限り、
チャンネル合わせることはありません。
咲くやこの花とともに、夏が終わったなあ。
私の出身校はまだ試合してないけど・・・

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2014/07/18(金) 11:21:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。